ラーセンみどり

作曲家、ピアニスト、和太鼓奏者

ニューヨーク在住の音楽家、ピアノ音楽博士(Ph.D. in Piano Performance)。20歳からピアノを始め、30代前半まではクラシックピアノに明け暮れる。30代半ばで「自分の才能を発揮できていない」と気づき、丁度出産と育児も重なり8年ほど音楽から遠ざかる。41歳の時に、「作曲家になろう!」と決めて、心機一転、作曲家として勉強し、活動し始める。2020年冬〜2021年春、ニューヨークのアジア系芸術家をサポートする機関、エイジアン・アメリカン・アーツ・アライアンスのアーティスト・イン・レジデンスとして選出された。ピアノ教授法の研究者としても活躍し、過去に査読論文執筆、アメリカ国内外のカンファレンスで研究発表も行っている。

ルーツを探すプロジェクト、ここに始まる。 

私の祖母は沖縄出身の東京都民でした。ですが、生前本人から沖縄について聞くことは一度もありませんでした。まるで隠していたかのように、息子である私の父や叔父でさえも、ほとんど沖縄の話を聞かなかったとのこと。日本を離れ、アメリカでもう25年以上暮らす私は、自分の日本人としてのアイデンティティーをよく意識します。「私は一体何者なのか。何をするために生きているのか。ルーツを知れば何か分かるかも知れない。」そう思った私は、私の祖母の沖縄からの足取りを調べることで、私自身の生きる目的を見つけることにしました。そしてその語られなかった祖母のストーリと私の移住ストーリーを重ね合わせて、それを題材に作曲をして、それをファーストアルバムにまとめる決意をしました。プロジェクト完成予定は2021年10月。一体どんなストーリーが浮き上がってくるのか、ワクワクどきどきしています。

メールリストに登録

ラーセンみどりの最新情報(プロジェクト、コンサート情報など)をお届けします!